[経済学]エンゲル曲線と上級財・下級財

経済学
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

エンゲル曲線は横軸に所得、縦軸に消費量にした2次元グラフのことで、商品(財)の種類によってグラフの挙動が変わります。財ごとの曲線の特徴を簡単にまとめます.

スポンサーリンク

財の種類

それぞれ所得が上昇した際の消費量の変化に応じて3種類に分けれられる.

所得がupした際の消費量
上級財消費がup ↗︎
中級財そのまま →
下級財消費がdown↘︎

上級財の例としてバターが挙げられる.(日頃マーガリンを使っている人の所得が倍増した場合,バターに切り替えることが予想される.)

逆にマーガリンは下級財と考えられる.(所得が上がった際にバターに乗り換えられてしまう)

エンゲル曲線

上級財と下級財の場合

上で述べた上級財と下級財を使ってエンゲル曲線を考えると,以下の形状のグラフになる.

上級財は右上がり,下級財は右下がりになります。

必需品と奢侈品

奢侈品は贅沢品のことです.

このグラフの形状も直感通りです.貧乏な人と金持ちの人も必需品の量はさほど変わらないため,ある程度のとこで頭打ちになるような形状になります.

対して奢侈品は,所得が大きいほどたくさん買えるため,消費量も大きく増えていくグラフになります.

まとめ

経済学
スポンサーリンク
アウトプット雑記