[Linux]ファイルのパーミッションの読み方と変更コマンド(ls -l, chmod)

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ファイルのパーミッションとは,読み込み(Read)権限・書き込み(Write)権限・実行(Execute)権限の3種類の権限を管理する概念です.

スポンサーリンク

パーミッションの確認方法と読み方

ls -l コマンドで確認できます.

$ls -l 
-rw-r--r--  1 user  group  0  8 18 07:22 sample.txt
drwxr-xr-x  2 user  group  64  8 18 07:42 sample_dir/

-rw-r--r-- がパーミッションです.

先頭の1文字 はファイルの種類で,- が通常ファイル,dがディレクトリ,lがシンボリックリンクです.

通常ファイル
dディレクトリ
lシンボリックリンク

次の3文字がroot権限,その次の3文字がgroup権限,最後の3文字がotherへの権限を表しています.

パーミッションの各桁の意味

r, w, x の3種類の文字で構成されていて,各文字に以下の数字が割り振られています.

r (読取権限)4
w (書込権限)2
x (実行権限)1

この数字はパーミッション変更の際に利用します.

rwxすべて許可されている場合,r+w+x = 4+2+1 = 7 となります.

パーミッションの数字の覚え方

パーミッションを二進数として解釈すると,上の数字を丸暗記せず使えるようになります.

rwx = 111(2進数)

111を10進数にすると,7 (=4+2+1) になります.

もし – があった場合は 0 とします.そのため,

rw- = 110(2進数)

この場合,110を10進数に直すと, 6(=4+2+0) になります.

パーミッションの変更コマンド

chmod コマンドを使って変更できます.2通りのパーミッション指定方法が存在します.

オクタルモード

数値を使って指定する方法です.

chmod 754 sample.txt

755がパーミッションを表しており,左がroot権限(=rwx), 真ん中がgroup権限(=r-x),右がother権限(=r–)を意味しています.

シンボリックモード

文字と記号を使って指定する方法です.

//(例) -rw-r--r-- から -rwxr-xr-- に変更  
//変更コマンド
chmod u+x,g+x sample.txt
記号とその意味

まとめ

ファイルのパーミッションについてまとめました.

参考書籍

Linux
スポンサーリンク