[合格体験記] AWS Certified Developer – Associate (DVA)

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

先日 AWS AWS Certified Developer – Associate (DVA) に合格しました.

合格に至った勉強時間・勉強方法についてまとめたいと思います.

スポンサーリンク

DVA試験について

AWS を用いた開発・テスト・デプロイに関するスキルが問われる試験です.

問われる主なサービスは以下のもので,SAAに比較すると範囲は狭い印象です.その代わり,どう使うか, サービス同士の組み合わせた問題など,深く理解しておく必要があります.

  • AWS Elastic Beanstalk
  • AWS CodeBuild
  • AWS CodeCommit
  • AWS CodeDeploy
  • AWS CodePipeline
  • Amazon DynamoDB
  • Lambda

受験の準備をしていて,CLF や SAA に比べて情報量が非常に少なく感じていました.

Udemyでの検索結果の比較です. (すべて日本語の講座に絞っています.) 左は SAA の結果で,右が DVA の結果です.

また,試験用の参考書もSAAに比べると少ない印象です.そのため,SAAを取得してAWSの概観を掴んだ後にDVAを目指す方が良いと自分は感じています.

勉強期間と勉強方法

勉強にはおおよそ2週間程度充てました.勉強時間は20時間程度でした.

DVA試験の対策では,以下の参考書を利用しました.自分が購入したのはDVA-01版でしたが,DVA-02にも合格できましたので,バージョンにはそこまで気にしなくても大丈夫かと思います.

使い方としては,以下の手順で進めました.

  1. 各章を読む
  2. 各章の最後の問題を解いて見直す
  3. 全章終わったら,巻末の演習問題を2回繰り返す

巻末の演習問題でわからない部分があった場合など,適宜ググってノートにまとめていました.

SAAの知識もあったので,割とつまづくことなく勉強を進められたかと思っています.

またこの本は,とても分厚くて大変そうな印象があります.しかしながら,分厚い理由は画面のスクショでリソース構築手順を丁寧に説明しているためで,読んでみるとサクサク進められます.

まとめ

AWS DVAの勉強方法についてまとめました.

SAA で習得した知識があったため,短期間でも合格できたように感じています.

DVA に関する情報量はSAAに比べると少ないので,SAAで基礎を固めてから挑戦するのがおすすめです.以下の記事で SAAの勉強法についてもまとめているので,もしよければご覧ください.

DVA受験を考えている方に少しでも役立てば幸いです.

AWS
スポンサーリンク